豊胸手術前のカウンセリング

豊胸手術を受けるに当たって、誰でも不安を感じます。特に外科手術を一度も受けたことのない女性には不安なのが当然といえるでしょう。

不安を解消し、豊胸手術の概要を理解するために、豊胸手術前に行うカウンセリングは非常に重要な意味があります。

また、カウンセリングによって、医師やスタッフとの信頼関係を築くことができます。この先生にお任せできるという信頼感がなければ、豊胸手術を受けるのはやめたほうがいいかもしれません。

不安がある場合は、気持ちを正直に打ち明け、痛さへの恐怖心なら、痛みを感じる可能性や内容についてしっかり確認しておくと恐怖心がなくなることがあります。

また、自分のバストに関する悩みを正直に話し、自分が望んでいるバストの形や、大きさ、イメージを十分に伝えることが大切です。

医師は本人の希望や悩みをしっかり理解した上で、インフォームド・コンセントを行います。具体的には本人に合った手術方法の紹介や効果、麻酔、安全性、アフターケア、費用、メリットとデメリットについての説明をしてくれるはずです。

インフォームド・コンセントが不十分と感じたり、不安や恐怖心が解消できなかったりした場合は、また、医師が自分に適していない、信頼できないと判断したならば、無理に豊胸手術を受ける必要はありません。

豊胸手術について悩んでいる人は、まずは気軽にカウンセリングに足を運ぶことが第一歩となるでしょう。

豊胸手術のメリット

バストアップといっても、豊胸手術だけがその方法ではありません。

バストアップ体操、バストアップサプリメント、バストアップ器具......さまざまなものがあります。

近年開発された新しい技法としては、「光豊胸」や「ヒアルロン酸注入」といったものもあります。

ほしのあきなど、巨乳タレントが注目を集めていますが、胸元を強調する大胆なファッションでも一般の女性が普通に着こなしていたりします。

さまざまなバストアップ方法があるとはいえ、豊胸手術が一番手っ取り早いといえば早いので、希望者が増加しています。

バストアップ体操やバストアップサプリメントなどは、最低でも1ヶ月以上経過しなければ効果の有無が判断できませんし、効果がなかなか目に見える形になりにくいのも事実です。

豊胸手術のメリットは、短期間で効果が得られるということです。豊胸手術はアフターケアの期間がありますが、豊胸手術を終えたその日からバストアップが実現します。

バストアップ体操やバストアップ器具は、本人が根気よく続けることが必要なので、途中で挫折する人が多くいます。これに対し、豊胸手術では、費用を負担しさえすれば、後は信頼できる医師に任せるだけです。

本人の努力や根気とは別に、容易にバストアップができるということが豊胸手術の最大のメリットだといえるでしょう。

ニキビ対策 ヒアルロン酸 アテニアトライアルセット コロコロエステ

理想のバストと豊胸手術

バストの理想の大きさというものがあるのでしょうか。

最近のグラビアアイドルなどは、FカップやGカップなどを売りにしているモデルもいます。

一説では、「身長×0.53」と言われています。また、ある調査では男性が好むバストのサイズはCカップかDカップという結果が出ているそうです。大きければいいというわけではないですよね。

バストは大きさだけではなく、美しい形であることも重要です。女性のバストの形はさまざまですが、大きくは、「円盤」「円錐」「扁平」「ピラミッド」「円球」「下垂」の6つのタイプに分けられるようです。何となく想像がつきますが、「円球」「円錐」タイプがり理想的ですね。つまり、ふっくらとして、丸みのある形が好まれているようです。さらに肌に張りがあって、乳頭がツンと上を向いたバストは美しく魅力的です。

バストは、大きさや形だけでなく、ポジションも大事です。

鎖骨の中心から左右のバストトップを結んだ時、正三角形になるラインは「黄金比率」と言われています。また、バストトップ(乳頭)を結んだ距離が顔幅と同じだと美しいと言われています。

このようなバストを実現するには、バストケア商品や、豊胸サプリメントなども最近の流行ですが、てっとり早く、豊胸手術を選択する女性も増えています。

バストアップの手術では各クリニックの研究開発により、手術方法や材料の選択肢が広がっています。

主な豊胸手術法としては、以下のようなものがあります。
@プロテーゼ法
  人工のバックを豊胸手術で体内に入れる方法。最近では、バッグの種類が多様化し、希望の大きさや形、感触などによって挿入するバッグを選択することが可能になっています。

A脂肪注入法
  余分な脂肪を豊胸手術によって胸に注入する方法です。

Bヒアルロン酸注入法
  ヒアルロン酸を注入して豊胸手術によって形や大きさを整える方法です。

プエラリアプラザの人気の秘密

バストアップの手術と麻酔

バストアップするための豊胸手術には痛みへの対策として麻酔が不可欠です。

麻酔とは一時的に痛みや知覚、意識を喪失させる施術のことをいいます。麻酔には、大きく「全身麻酔」と「局所麻酔」の2種類があります。

全身麻酔は全身の感覚と意識を喪失させるものですが、局所麻酔は意識は喪失させずに、手術を行う部分だけの感覚を喪失させます。

以前は、豊胸手術の麻酔は全身麻酔が一般的でしたが、現在では、局所麻酔が一般的です。

全身麻酔は、体に与える負担は大きい上に危険も伴います。そのため、入院を要する大掛かりな手術を要していました。

局所麻酔だと、バスト全体に局所麻酔を効かせるために沢山の注射を打つ必要があるのですが、麻酔注射は痛みが強いため、患者に与える負担が大きくなっていました。それで、以前は全身麻酔が多かったのです。

「硬膜外麻酔」という局所麻酔が用いられるようになって、全身麻酔は減少していきました。硬膜外麻酔とは、硬膜外の空間に麻酔薬を注入する方法です。呼吸や意識はそのままで、バストの痛みだけを取り除くことができます。無痛分娩などでも既に広く行われています。豊胸手術では、この方法を使うと、日帰り手術も可能となりました。

そのほか、局所麻酔の一つである静脈麻酔は、点滴による麻酔薬の注入ですが、短時間や狭い範囲のバストアップ手術で用いられています。

現在ではクリニックによって麻酔の選択肢は多様ですが、患者の状況に応じて、全身麻酔、局所麻酔を使い分けるクリニックが多くなっています。

麻酔によるトラブルは多いため、、麻酔へのしっかりとした体制が整っていることが美容クリニックの必要条件です。麻酔専門医を置いているクリニックや安全体制の整っているクリニックを選び、安全な豊胸手術を受けましょう。

豊胸手術とクリニック選び

豊胸手術を成功させるためには、美容クリニック選びがとても重要です。

現在、日本全国には、都市部を中心に豊胸手術を扱う美容クリニックは数多くありますが、さまざまな情報や誇大広告が溢れる中、信頼できるクリニックを見つけ出すことはますます難しくなってきています。しかし大切な自分のバストにメスを入れるわけですから、美容クリニックの評判や体験者の評価などの情報をできるだけ多く集め、慎重に美容クリニックを選ぶことが大切です。

まず、美容クリニックの規模としては、症例数が多い大規模なクリニックを選ぶのが無難と思われます。手術料金が非常に高額であったり、逆に非常に低価格であったり、また割引キャンペーンを常時行っているような美容クリニックは避けた方よいでしょう。クリニックの案内パンフレットやwebサイトを見てみて、医師のプロフィールや施術方針が明確になっていないような美容クリニックは避けましょう。医師やスタッフの顔が公開され、施術方法や施術方針が明示されている美容クリニックは信頼できます。

そのほか、手術方法が極端に限られていたり、選択肢の少ない美容クリニックにも注意が必要です。全身麻酔はリスクが高いので、麻酔に対する安全体制が整っていることも重要です。また、忘れがちですが、手術のアフターケア、保障制度なども確認するほうがよいでしょう。また、カウンセリングを重視し、患者の悩みや希望を最優先で親身に聞いてくれる医師がいる美容クリニックは信頼できるクリニックです。カウンセリングの段階で、医師や手術内容に疑問を感じたら納得の行くまで質問し、場合によっては美容クリニックを選び直すことも必要です。

豊胸手術の種類

豊胸手術の主なものには、バッグ挿入法脂肪注入法ヒアルロン酸注入法の3つがあります。

バッグ挿入法とは、バッグといわれる人工乳腺を胸部に挿入する豊胸手術です。近年、これまでも生理食塩水バッグに加え、シリコンバッグ、バイオジェルバッグ、コヒーシブシリコンバッグなど種類も多様化してきています。また、同じバッグ挿入法でも、挿入位置によって「乳腺下法」と「大胸筋下法」があります。手術を受ける方の体型、仕上がりの希望(乳房の大きさや感触など)に応じて、バッグの種類や挿入位置を選択することができるようになっています。

脂肪注入法とは、自分の体の脂肪を抽出してバストに注入する豊胸手術方法です。自分自身の脂肪なので異物反応がなく安全な方法であるだけでなく、腿やヒップなどの余分な脂肪を減らしながら、バストアップが実現します。従来の脂肪注入法は1〜2カップアップの自然なバストアップに適した手術法でしたが、近年では技術の進歩により大幅なバストアップも可能になりつつあります。ただ、元々痩せ気味で抽出する脂肪が少ない女性には向かない可能性があります。

ヒアルロン酸注入法とは、ヒアルロン酸を、注射器によってバストへ注入する豊胸手術方法です。注入から20分ほどで希望の形や大きさが実現します。効果の持続期間は2〜3年程度と短いですが、追加で注入することも可能な上、手術時間が短く、アフターケアも不要なため、忙しい人や人工バッグに抵抗のある人に適しているといえます。 

いずれの豊胸手術方法も、効果は期待できますが、自分の希望のバストの大きさや形、各豊胸手術の効果や特徴を十分に考慮し、カウンセリングなどを受けて、自分に合った手術の種類を選択することが大切です。


RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。